スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ、北米でエンジンECUの不具合により「カローラ」など136万台をリコール

トヨタ自動車は2010年8月26日、北米でエンジンECU(電子制御ユニット)の不具合により2005~2008年モデルの「カローラ」など2車種において合計136万台をリコールすることを発表した。


 対象となるのはセダンの「カローラ」とハッチバックの「Corolla Matrix」。エンジンECUのハンダ付け部および、過大な電圧が加わったときに回路を保護するためのバリスタに亀裂が発生する可能性があり、エンジンチェック用のランプが点灯したり、急なシフトチェンジが起こったりすることがある。さらに走行中にこの不具合が発生した場合、エンジンが停止する恐れがある。これまで米国では、この不具合に関連すると見られる3件の事故が起きているといい、そのうち1件では軽いけがが報告されているという。


かなり問題ですね。
というよりも世界的なトヨタバッシングが多いのかもしれません。
一社が強くなるとこんな扱いされちゃうんですかね。

【堀江貴文・ホリエモンもオススメ!】397時間動画パソコン教室
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masa

Author:masa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。